37平米に4人家族!女性一級建築士の自宅拝見

2014年10月14日のヒルナンデス。

「女性一級建築士のお宅覗くンデス!」のコーナー。

訪問したのは、一級建築士の瀧内未来さんのご自宅。
訪問者は、渡部建・SHELLY・八乙女光のレギュラー3人。

瀧内さんのお宅は都内のマンションの一室です。
部屋の広さは、37平米。そこに家族4人で暮らしています

中古のマンションを980万円で購入しリフォームをしました。

★ リフォームの注目点

  • 五畳のリビングには実は寝室が隠れています
    こあがりの中に2メートル四方のベッドが隠れていまして、
    夜になるとそれを引き出して寝ます。
  • ベランダ側の大きな窓にロールスクリーンを取り付け、
    反対側の壁にプロジェクターを付けてホームシアターにしています。
  • 旦那さんの夢がハンモックだったそうで、
    一点がけのハンモックを下げられるフックを天井に着けました。
    ハンモックとフックで19,000円ほどだそうです。
  • 部屋の中に箱スペースを作りました。
    上は子どもの遊び場&勉強部屋です。下は収納&脱衣所になっています。
    上部の床は透明のポリカーボネイトを使って、
    下から子どもの様子が分かるのと、下が暗くならないようにしています。
  • 長さ3mのキッチンは、その中に調理家電などを納めてスッキリさせています。
    通常100万円くらいするシステムキッチンを50万円くらいで作りました
  • 狭い中にも旦那さんのスペースも作りました。
    キッチンの壁側収納の流れに沿って、端っこに1mくらいの幅ですが
    旦那さんのスペースがあります。
    壁の棚を机代わりにしたり、壁に何でも引っ掛けるようにして
    スペースを有効に使っています。

家族4人だと37平米は狭いと思いますが、
お子さん2人がまだ小さいので色々工夫して住んでいます。

お子さんが大きくなったら、広いところへ引っ越して、
この部屋は賃貸にだし資産として管理していく予定だそうです。

リフォーム費用は680万円でした。

一級建築士のアイデアや実験が詰まったお宅なのでは、と感じました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする