女性一級建築士、牧野嶋彩子さんの高級感あふれる家

juutaku (500x334)
※写真はイメージです。

2月24日のテレビ番組「ヒルナンデス」。
「女性一級建築士のアイデア学ンデス!」のコーナー。

訪問したのは、一級建築士の牧野嶋彩子さん設計のお家。

牧野嶋さんの事務所は、(株)空間計画提案室です。
番組で紹介された家は、事務所のwebサイトで紹介されています。

高級リゾートホテルのようなお家です。

こちらのページ → 庭を抱きしめるいえ

スポンサーリンク

気になった間取りや部材などをメモしました。

  • 玄関が3畳もあって広々。
  • 玄関すぐの場所に6畳の開かれたラウンジがあります。
  • ラウンジスペースには壁になる扉が隠れていて、
    その扉を出して壁を作れるので客間として使えます。
  • リビングは17.5帖、天井高5m。
  • リビングには薪ストーブ。
  • リビング天井にはシーリングファンを設置し、
    ストーブの暖かい空気を拡散します。
  • リビングの高い場所に小さな窓を設置。
    リモコンで開閉します。これはストーブの煙を換気するため。
  • ナチュラルロブソンという自然石の壁。
  • ワイルドアカシアの床材。

  • リビングの窓は全て開放できて、
    外のウッドデッキと同じ高さになっているので、
    窓を空き放てば、まるでオープンテラスのよう。
  • 中庭が広々23.5帖。
  • 生活感のあるコンセントは床に隠しました。
  • 360度どこからでも使えるアイランドキッチンは正方形。
  • アイランドキッチン四方に収納も。
  • 引出しがゆっくりと閉まるキッチン引出し。
  • 生活感のある冷蔵庫はロールスクリーンで隠す。
  • キッチンの近くにパントリー。
    その奥に洗濯機を置いてランドリースペースに。
  • 玄関脇に1.7帖のシューズクローゼット。
  • シューズクローゼットと向い合せにコートクローク。
  • お風呂に大きな窓がありかなりの解放感。
  • 外柵の幅を考えて外からお風呂が見えないように工夫。

などなど、高級感と生活動線を考えた素敵なお家でした。

設計したお宅は埼玉県八潮市にあります。
高級感と主婦目線の設計がお得意な牧野嶋さん。
このお宅はご主人のご両親と妹さんが住むお家だそうです。
ご主人も建築家です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする