スイスの漆喰“カルクウォール”を使ったお家@ヒルナンデス

2015年5月13日のテレビ番組「ヒルナンデス」。

「アイデア住宅巡るんデス」のコーナー
で紹介された千葉県印西市のお宅は、

自然素材にこだわった
子どもが伸び伸び暮らせるお家でした。

特に興味深かったのが、
壁に塗られた漆喰“カルクウォール”です。

このお宅は、壁に壁紙ではなく漆喰を使っています。

その漆喰は、
スイス製のカルクウォールという漆喰。

スポンサーリンク

奥様によると、この漆喰にしたことで、
家を建てて2年経ちますが、
カビや結露を経験したことがないそうです。

この“カルクウォール”という漆喰は、
軽石のように多くの空気を含み、
夏は涼しく冬は暖かいという効果を持っています。

壁紙に比べるとコストはかかりますが、
このお宅にはエアコンがたった1台!
それで事足りているという素晴らしさ。

このお宅の場合、
カルクウォールの費用は172万円でした。
壁紙の場合だと72万円だそうです。

100万円違いますが、
長く使うことを考えたら、
そんなに高い物ではありませんね。

しかも、カビや結露が少ないという事は、
家も長持ちしますし、
人の体にも優しいという事になります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする