スルフォラファンを摂取するにはブロッコリーは生で。生じゃない時は?

2015年6月8日のテレビ「あさイチ」。

ブロッコリーの特集をやってました。

ブロッコリーは多くのビタミンを含む
栄養素の高い野菜として注目されてますが、

ここ最近もっとも注目されているのは、
ブロッコリーが持っている

スルフォラファンという成分だそうです。

このスルフォラファンは、
肝臓の働きを良くする効果があることが分かってきて、
実際に臨床の場でも使われているそうです。

このスルフォラファンは、
野菜のブロッコリーとブロッコリースプラウトに
多く含まれているそうで、
特にブロッコリースプラウトは、
ブロッコリーの10倍
も含んでいるそうです。

健康に良いとされる“スルフォラファン”ですが、
“スルフォラファン”を有効に摂取するには、
生で食べることが大切!です。

ブロッコリーにある
酵素ミロシナーゼとSGSが合わさることで、
スルフォラファンが生まれるそうですが、

酵素ミロシナーゼは熱に弱い!
なので生で食べることが大切なんです。

しかし、ブロッコリースプラウトなら生で食べますが、
ブロッコリーを茹でて食べることに慣れている日本人には
生というのはちょっと難しい。

そこで、茹でたブロッコリーを食べる時は、
酵素ミロシナーゼを持っている生で食べ慣れている野菜
と一緒に食べるのがおススメです。

例えばそれは、
大根やカイワレ大根。

カイワレ大根はもちろんですが、
大根は生で食べれますし、大根おろしでもOKです。

茹でたブロッコリーとの料理だと、
一番簡単なのはサラダですね。

●茹でたブロッコリーに大根の千切りを合わせて食べたり、
 ドレッシングに大根おろしを加えたり、
 カイワレ大根をトッピングしたりして簡単に作れます。

●それから、ブロッコリーを天ぷらにして、
 天つゆに大根おろしを入れて食べるのも良いですね。

●番組ではスムージーの作り方も紹介していました。

次の記事では、
「ブロッコリースプラウトを使ったスムージーの作り方」をご紹介しています。