猪俣友紀さんの100円グッズリメイク術@ヒルナンデス

2015年10月6日のテレビ番組「ヒルナンデス」。

“達人主婦の100円グッズリメイク”シリーズ。

今回は、猪俣友紀さんのお宅訪問。

猪俣さんは16年前の1戸建て購入を機に、
セルフリノベーションを始めました。

室内の雰囲気は「フレンチカントリー調」。

そして、猪俣さんのリノべテーマは、
シャビーシック

シャビーシックとは、
古びれた風にちょっと加工すること。
古いけど洗練された雰囲気になります。

ちなみに猪俣さんは、
手作りバッグ作家としても活躍されてます。

布合わせで楽しむ ワンランク上の布バッグ

猪俣さんのお宅にはそこかしこに
100円グッズをリメイクした素敵な小物や
雑貨が飾られていました。

参考までにメモしました。

本の表紙を開くと小物入れ!

見た目、厚みのあるフォトブックや本なんですが、
中を開くと木製のボックスになってます。

これは、セリアで買った100円の木製ボックス
(パーテーショントレー)と、
フォトアルバムの表紙を合体させたものです。

アルバムの中の写真用ファイルを外して、
接着剤で背表紙と裏表紙に塗って、
木製ボックスを貼っています。

こんな感じの

ハウス風インテリアボックス

これは100円のパーテーションボックスに、
コケを貼りつけた厚紙を屋根風にくっ付けただけ。
たった350円。

ドライ製品*約50g入【スパニッシュモス(小袋)】

スポンサーリンク

ウォールボックスをシャビーシックに塗装

100円グッズのウォールボックスを
かすれた感じに塗装します。

まずウッドステインを塗って、
その上に白い塗料を粗く塗るのがコツ。
そして紙やすりを掛けると、シャビーシックに出来上がり。

水性ウッドステイン 100cc

セリアの網が大活躍!

セリアのメッシュフレームや、
魚焼き網をインテリアに活用しています。

メッシュフレームは蝶番で木製ボックスに取りつけます。
魚焼き網は「ブライワックス」で塗装することで、
サビ感を出してます。
網と網の間に素敵なポストカードやドライフラワーを挟んで、
壁にディスプレイしていました。

BRIWAX(ブライワックス) 全14色 400ml

麻袋にステンシルで装飾

なんてことはない大きな麻袋を雑貨屋で買って、
ダイソーのステンシルでデコレートしてました。
ペンキをスポンジですり込むとしやすいそうですよ。
猪俣さんはその麻袋に米袋を入れていました。

もやし緑豆空き麻袋 ドンゴロス(中古)<メール便不可>

あと、100円のお皿に絵や文字を描く方法は、
長くなるので次の記事で紹介します。

★猪俣さんのブログ → http://yunyuns.exblog.jp/