リカちゃん人形の世界と広瀬和也さん #マツコの知らない世界


ミスタードーナツ店員さんリカちゃん人形

2015年11月12日のテレビ
「マツコの知らない世界」は、

“リカちゃん人形の世界”

案内人は、リカちゃん人形を愛して25年の
広瀬和也さん。

広瀬さんは好きが高じて、
リカちゃん人形の服を作るようになり、
リカちゃん人形専門店にスカウトされた実力のある方。

もう100着以上もリカちゃんの衣装を作っているんですって。

その広瀬さんがリカちゃんの歴史を紹介。

スポンサーリンク

初代リカちゃん(1967年発売)

今みたいにお目目にお星さまキラキラじゃなくて、
シンプルな感じのリカちゃん。

1967年に発売された当時は、
600円から1100円で販売されたそうです。

2代目リカちゃん(1972年発売)

瞳の中の星が1つから3つになりました♪

その時代のアイドル、例えばアグネス・チャンなどに
雰囲気が似てる感じ。(マツコ談)

1972年に発売された当時は、
950円から1300円で販売されたそうです。

3代目リカちゃん(1982年発売)

やはりその時代のアイドルの松田聖子っぽい感じ。
(マツコ談)

1982年に発売された当時は、
980円から2400円で販売されたそうです。

4代目リカちゃん(1987年発売)

身長が1センチ伸びました!
首も傾げられるようになりました!

そして最近のリカちゃんは、

2015年6月に発売された、
リカスタイリッシュドールコレクション オリーブぺプラムスタイル」は、
限定1000体がなんと発売3日に完売したそうです。
1体10,000円です。

また、ダイヤモンドを散りばめた
クラシックな赤いドレスのリカちゃん人形は、
なんと、1億円もするそうです!
名前は、「ファンシーダイヤモンド・リカちゃん」。
いまどこにいるんだろう?