キッチンカウンターのデッドスペースのリフォーム #ヒロミ リフォーム

2015年11月30日のテレビ「有吉ゼミ」。

ヒロミさんの“八王子リフォーム”のコーナーは、
お笑いコンビパンクブーブーの佐藤さん宅の
LDKリフォーム。

ニューヨークブルックリンカフェ風
に仕上げるヒロミさんのリフォーム。

次はキッチンカウンターのデッドスペースのリフォーム。


デッドスペースは、↑こういう背面の空きスペースのこと
写真商品は人工大理石  アイランドキッチン

ヒロミさんは、
カウンター下のデッドスペースに
棚を取りつけていきました。

スポンサーリンク

まず、棚柱を取りつける場所を決めるために、
 下地の場所を探します。

 その時に使うのが、『下地センサー』

使っていたのは、
シンワ測定株式会社の製品でした。

下地センサーで下地となる柱を見つけたら、
 金属製の棚柱(500円位)を3ヶ所に付けます。
 左右の端と真ん中あたりに合計3ヶ所。

その棚柱にそれぞれ棚受けを設置します。

スポンサーリンク

棚板はデッドスペースの幅に合わせた板を買ってきて、
 ヴィンテージワックスを塗りました。

そして板の角で怪我をしないように、
 丸く面取りをしました。

その時使ったのが、
・丸い型を付けるためにCDを利用。
・角を丸く切り取るために『ジグソー』という電動のこぎり。

・それから板の側面の角を滑らかにする『面取り専用カンナ

・仕上げに紙やすりで全体を滑らかにします。

棚と棚受けを固定したら出来上がりです。
 棚板に塗ったヴィンテージワックスが、
 ブルックリンカフェ風をかもし出していました。

「ヒロミさんのリフォーム記事まとめ」はこちらにあります。