特盛おかずクラブの里芋田楽・豚汁・焼きおにぎり試食(古民家カフェ第2回)

(写真はイメージです。)

2016年2月8日のテレビ「有吉ゼミ」。

先週から始まった
“特盛おかずクラブの100万円で古民家カフェを作る”
のコーナー。

(特盛おかずクラブ=おかずクラブ+水卜アナウンサー)

前回はかまどを使ったメニューを考えましたが、
今回は囲炉裏を使ったメニューを考えました。

囲炉裏を使った事のない3人が頼ったのは、
やっぱり美子さん!

ご近所にお住いの何でも知ってるお婆ちゃん。

古民家カフェの囲炉裏リフォーム

美子さんによると、
この家の囲炉裏に設置されてる煙突付の七輪みたいなものは、
薪ストーブでした。

壊れて使えないので、煙突を切って撤去しました。

巻きストーブを撤去した囲炉裏にホームセンターから買ってきた、

●大粒の砂利を投入して均します。
 約250kg使って費用は2500円くらいだったそうです。

●その上から細かい砂利を薄く敷きます。
 大粒の砂利の隙間を埋めるように均します。
 (これは一番上に敷くことになる灰が下に沈まないための作業。)

●最後に灰を敷いて完成です。

そこにレンガを二つ離して置いて
間に火のついた木炭を置き、
網を置くと焼き物ができちゃいます。

スポンサーリンク

囲炉裏で作ったメニュー

さっそく三人は囲炉裏でメニューを試作。

使ったのは、美子さんから頂いた里芋と美子さんお手製の味噌。

美子さんの味噌に砂糖とすり下ろした柚子を混ぜた
特製味噌を竹串に差した里芋に塗って囲炉裏で焼いたものです。

この特製味噌がとにかく旨いらしい!

焼きおにぎりにも、この味噌を塗って焼いてました。

それから、美子さんからもらった大根やゴボウなどの野菜を使って
かまどで豚汁を作りました。

この時、豚汁に使った豚肉は、なんと特大豚バラブロック!
1センチ幅くらいに切って使いました。
厚みがあるから出汁も出てとっても美味しそうです。

これで、カフェメニューに

  • 芋串
  • 焼きおにぎり
  • 豚汁

が加わりました。

(試食ばっかりで、リフォームはいつ始めるんだーい!?)

有吉さん曰く、
「このままだと、美子リゾートになっちゃう。」

いまのところまさにそんな感じ。

次回は古民家に残っていた「五右衛門風呂」をいじるみたいです。
おかずクラブの入浴シーンが見れるかもですね♪