古民家カフェ美子さんの手作りこんにゃく

konnyaku (500x281)
(写真はイメージです。)

2016年2月29日のテレビ「有吉ゼミ」。

“特盛おかずクラブの古民家カフェ”のコーナーで、
おでん作りをする際に、美子さんが特盛おかずクラブに、
こんにゃく作りを伝授しました。

その作り方をメモ。
(こんにゃくを手作りするか分かりませんが、いつ何時か役に立つかもと..)

ネットでちょっと検索してみたら、作り方は色々あるみたいです。
コンニャク芋の産地、群馬県高山村の観光案内に
「こんにゃくの作り方」ありました。

サイト→ http://www.takayama-kanko.jp/info/tokusanhin/konnyaku.html

ここではミキサーに入れて回す時にお湯を使ったり、
煮る作業の順番が違っていたりします。
地域で作り方が違うみたいですね。

スポンサーリンク

★有吉ゼミで美子さんが教えてたコンニャク作り
(テレビで説明していたままをメモしたので、完璧ではないかもしれません。)

  • こんにゃくは和玉という品種を使いました。
  • スチールタワシでコンニャクを洗います。この時、皮を薄く剥く感じで洗います。
  • 中心にある大きなコンニャクの芽はスプーンでくり抜きます。
  • 洗ったコンニャクをピーラーで皮を剥いていきます。その時、所々にある小さな芽も取っていきます。
  • コンニャクの表面をキレイにしたら、一口大にカットします。
  • カットしたものと倍位の水をミキサーに入れて20秒ほど回します。
  • ミキサーからボウルなどの大きな容器に移し替えて、箸でひたすら掻き混ぜます(人力で)。
  • ひたすら掻き混ぜると粘りが出てきます。
  • とろみも付いたところで「こんにゃくの素」を水で溶かしてコンニャクに入れます。
    (扶桑化学 こんにゃくの素 25G*5包)
  • そしてまたひたすら混ぜること5分。
  • これを型(広めのバットなどに)に入れて固めます。
  • 固まってきたら、コンニャクが型から外れやすいように熱湯を加えて、コンニャクを適当な大きさにカットします。
  • カットしたらお湯で約40分煮込みます。この時、お湯を沸騰させないようにするのがコツです。
  • コンニャクとコンニャクを押すと、キュッキュッという感触が手に伝わってくるそうです。そうなってきたら完成の合図だそうです。
  • お湯から出して、2、3度水にさらしてアクを抜いたら食べることが出来るそうです。

くれぐれも生のこんにゃくは食べないように。
皮膚が弱い人はゴム手袋をして作業することをおススメします。
「特盛おかずクラブ」とは「おかずクラブ」+「水卜アナウンサー」のことです。