キッチンと換気扇の掃除に使える裏ワザ #ヒルナンデス

2016年11月21日のテレビ番組「ヒルナンデス」。

“面倒な掃除トップ5に使える裏ワザ”と題して、
お掃除のプロ3人が裏技を紹介していました。
http://jyouhou-matome.biz/4888.html

窓の次は、面倒な掃除第2位のキッチン&換気扇の掃除の裏ワザ

紹介したのは、ダスキンさんとレジェンド松下さん。

レジェンド松下さんが紹介した換気扇の掃除裏ワザ

換気扇の中でも一番汚れていて中々掃除をしない場所、
それは「シロッコファン」の部分。

ここは油汚れとホコリがこびりつき、
ちょっとやそっとじゃ落ちそうにありません。

そこで松下さんが紹介したのは、
シロッコファン専用の汚れを落とす道具です。

その名は、

親方棒

シロッコファンの羽の形に合わせて、
羽一枚一枚の汚れをこそぎ落とす道具です。

この親方棒で汚れをこそぎ落してから、
洗剤を使って洗えばかなりキレイになるそうですよ。

スポンサーリンク

ダスキンさんが紹介したシンクの掃除の裏ワザ

ダスキンさんが紹介したのは、
シンクのお掃除におすすめな家にある素材。

それは“デニム生地”です。

履き古したデニム(ジーンズ)でを小さめに切って、
シンク周りの水垢取りに使います。

シンクの水垢取りをする場合、
スポンジにクリームクレンザーを含ませてすることが多いと思いますが、
スポンジだとクレンザーを吸い込んでしまって
シンクにクレンザーがあまり行き渡らないそうです。

その点、クリームクレンザーをあまり吸い込まないデニム生地は、
クレンザーの力を十分に発揮できるんだそうです。

排水口に10円玉

排水口のぬめりを予防する方法として、
レジェンド松下さんが紹介したのは、

10円玉」。

10円玉を排水口の水切りカゴ(ゴミ受け?)に置いておくと、
ぬめり防止になるそうです。

銅の成分がぬめり防止になるそうですよ。
なので、銅の水切りカゴを使うって手もあります。

こんなのですね↓