ドクターが選んだ長寿食材(チョロギ、ピーナッツもやし、テンペ)

11月26日のTV番組「サタデープラス」で、
ドクターおススメの長寿食材をランキングで紹介していました。
ランキングの根拠は、

医師専用コミュニティサイト「メドピア」に協力を依頼して、
番組が厳選した長寿食材を、500人のドクターが吟味しランキング

だそうですよ。
メドアピのサイト → https://medpeer.co.jp/

第3位チョロギ(秋田県)

チョロギはシソ科の植物で巻貝みたいな形をした根っこ。
お正月くらいしかお目にかかれない感じですね。

チョロギ

酢漬けにして食べることが多いみたいです。

らっきょうみたいな感覚で食べたらいいのかな?

このチョロギは、
細胞の働きを活性化させる可能性がある物質が含まれているそうで、
認知症予防にも期待されているそうです。

第2位ピーナッツもやし(福岡県)

ピーナッツもやしは、
ピーナッツを緑豆もやしみたいに育てたもの。

抗酸化作用があったり、
血液中のコレステロール値を下げる働きがあると言われている、
レイン酸やリノール酸が豊富。

ピーナッツもやし

ピーナッツというとカロリーが高いイメージがありますが、
通常のピーナッツに比べて、カロリーは1/8だそうです。
しかも、ビタミンE・タンパク質・食物繊維
があるので美肌効果も期待できるとか。

番組では天ぷらや、野菜炒めに使ったりしていました。

第1位テンペ(岡山県)

テンペはお肌と血管の若返りに効果があるようです。

煮た大豆にテンペ菌で発酵させたもの。
もともとインドネシアの発酵食品だそうです。

大豆の発酵食品というと納豆を思い浮かべますが、
納豆のような強い臭いや粘りはないそうです。

番組では唐揚げにしたり、
ヨーグルトにトッピングしたりしていました。

以上がドクターおススメの長寿食材、上位3つでした。