「かつおの心臓」のエラスチンがお肌によい♪

肌にハリとツヤ♪
というとコラーゲンを想像しますが、
コラーゲンだけだと肌はたるんでいくそうです!

そこで、大事なのが「エラスチン」。

2012年6/6(水)のNHK「あさイチ」で、
エラスチンを特集していました。

エラスチン」というのは、
線維状のタンパク質で弾性線維とも呼ばれています。

コラーゲンにまとわりついて、
肌が伸びたり縮んだりする働きを担っているそうです。

美肌にはよくコラーゲンと聞きますが、
コラーゲンだけではだめで、
エスラチンがあることによって
コラーゲンの力が発揮されると言っても過言ではないとか。

肌の弾力やハリにとって
エラスチンは欠かせないタンパク質なんです。

エスラチンを多く含む「かつおの心臓」

そのエラスチンを豊富に含んでいるのが、
なんと魚の「かつお」の心臓そうですよ。

かつおの本場、鹿児島県枕崎市では、
かつおの心臓がスーパーに普通に売ってあり、
普段の食事でよく食べるそうです。

ちなみに、あさイチの情報によりますと
地元の人は、かつおの心臓を
珍子(チンコ)」と言うそうです。

ちなみに、静岡の焼津では、
かつおのへそ」、
高知では「ちちこ」というそうです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする