「ヒロミ、かもめんたるの槙尾家をイジる。」テーブルリメイクの気になる材料

2017年2月20日のTV番組「有吉ゼミ」。

ヒロミさんの“八王子リホーム”のコーナーは、

お笑い芸人「かもめんたる」の槙尾ユウスケさんちのダイニングキッチン。

槙尾さんちは築30年2LDKの賃貸マンション。

奥さんの悩みは、

  • 玄関を入ったらすぐにキッチンが見えること。
  • キッチンシンクの横に隙間があるが、持っている冷蔵庫が収まらず、冷蔵庫の場所がちょっと離れていて不便。
  • ダイニングテーブルの表面に謎の穴が出始めた。
  • 窓が近い壁際に置いている食器棚の裏はカビだらけ。

ヒロミさんは奥さんの要望を踏まえ、

タッキーと一緒に「フレンチカントリー風」にダイニングキッチンを変身させました。

表面に穴が開きだしたテーブルのリメイク

  • 今使っているテーブルより一回り大きな板材に細い角材をタッカーで固定し枠を作った。この枠の中に、テーブルを収める。テーブルにフタを付けるみたいな。
  • テーブルを傷つけることなく一回り広くキレイな天板が完成。
  • フレンチカントリー風に仕上げるためにテーブルに端にモールで装飾した。
  • モールは接着剤で貼り付けた後タッカーでさらに固定。
  • そして、テーブル全体を白い塗料(バターミルクペイント)で塗っていく。
  • 最後に「アンティークメディウム」を使い、汚し加工をした。

「アンティークメディウム」を使うと、

使い古した感じが出て、アンティーク感が出せるそうです。

でも、塗り方にセンスが必要なので素人には難しそう。

まずは、失敗しても問題ない物から練習するといいかもですね。

そして、塗り過ぎないことも大事だそうです。

<使った工具・材料など>

●電動丸ノコ


電動丸ノコ(amazon)

テーブルの天板用板材の切断に使用。

●スライド丸ノコ(マキタ)


スライド丸ノコ(amazon)

細い角材を切断するのに使用。

●電動タッカ


充電式タッカ(amazon)

モールなどの固定に使用。

●みはしショップのモール

みはしショップ モール(楽天市場)
アンティーク風な装飾に使用。

●バターミルクペイント(ホワイト)

バターミルクペイント ホワイト(楽天市場)
テーブルの色を白く塗るのに使った塗料。

●アンティークメディウム

アンティークメディウム(楽天市場)
汚し加工に使った塗料。

以上が、テーブルリメイクの大まかな材料や工具のメモです。