有吉ゼミで香港マカオ最安値ツアーのカラクリ

2017年3月27日のTV番組「有吉ゼミ」。

香港マカオ4日間最安値ツアーの詳細と、
安さのカラクリを紹介していました。

ツアーに参加したのは、
藤田ニコル&平野ノラ

今の時期だとこの旅行の相場は約10万円だそうですが、
この最安値ツアーはなんと、

3万9800円!!

往復航空券+燃油サーチャージ+ホテル代が込みで!

商品はH.I.S.のツアーです。
こちら↓

H.I.S.新聞テレビ広告掲載商品

香港マカオ4日間最安値ツアーの詳細

PM10:00 羽田空港集合

AM0:55 羽田発 香港行
飛行機はANAで往復!しかし、1泊目は機内泊!

安さのカラクリその1
深夜便は日中に比べ約1割安い。

AM:6:00 香港着
現地のガイドさんが小型バスで迎えに来ている。
バスで1時間かけて港へ。
そこからフェリーに1時間30分乗ってマカオへ。

AM11:00からマカオの7つの世界遺産を回る

安さのカラクリその2
マカオの7つの世界遺産を約50分で回る!一ヶ所約4分!

PM0:00 昼食
メトロパークホテルでビュッフェ(料理約30種類。和食もある。)

PM1:30 移動のバスの中で券の販売がある。
マカオタワーの入場券約4,050円(別料金!)

マカオタワーでニコルとノラは「スカイウォークX」を体験。
「スカイウォークX」とは命綱を付けてタワーを1周する遊び。
なんと高さ233メートルのところを。

一人1万1500円(もちろん別料金)

PM7:30 香港で夕食
連絡船に乗って水上レストラン「JUMBOKINGDOM」へ。
最安値ツアーのメニューはいたってシンプルな10品。
でも味は美味しいらしい。

ノラは自腹でシャンパンを注文。約8,400円。

PM9:00 ビクトリアピーク
夜景観賞。

バスで1時間30分かけて宿泊ホテルへ。

ホテルは「パンダホテル」。
通常料金だとツインルーム1泊6940円のホテル。

安さのカラクリその3
香港中心地からツアーバスで1時間というアクセスの悪いホテルを利用。

スポンサーリンク

2日目
AM6:00 ホテル前で集合

AM7:30 朝食 川龍村の「端記茶楼(スイキチャロウ)」へ
飲茶の名店。
大きなちまき、ウズラの卵のシュウマイ、中国カステラ、香港風肉まんなど40種類の中から3品選べる。

その後何故か裏のクレソン畑を見学。
獲れ立てクレソンの炒め物を勧められる。
一皿約750円(別料金)

安さのカラクリその4
クレソン畑のクレソン炒めを勧められる。

AM11:00 林村へ
開運パワースポットといわれる「願掛けの木」へ。
この木に、願い事を書いたミカンを投げて、1発で枝に引っ掛かれば願いが叶うとか。
ミカンはツアー代に含まれる。

PM3:00 モンコック地区へ
ここから自由行動。
ニコるんが行きたかった「女人街」へ。
ここは香港の原宿と言われるところ。

PM8:00 ビクトリアハーバーで光のナイトショーを見る。

AM0:40 香港発 帰国へ
もちろん機内泊

安さのカラクリその5
ツアー4日の内、2泊は機内泊。

AM5:30 羽田に到着!

体力があれば行けそうなスケジュール、かな!?