「ヒロミ、キングコング梶原の家をイジる」ヒロミ&タッキーの八王子リホーム

2017年3月27日のTV番組「有吉ゼミ」。

ヒロミさんの“八王子リホーム”のコーナーは、
キングコング梶原さんちのリビングダイニングのリフォーム。

タッキーも一緒に。

どんなリフォームかをざざっとメモ。

テーマはインダストリアル風

キングコングの梶原さんちは賃貸の一軒家。
ご夫婦とお子さん4人の6人家族。
家具がチグハグなリビングダイニングをカッコイイ感じにしたいという希望。

そこで、ヒロミさんは“インダストリアル風”にすることに。

インダストリアルとは、ニューヨークの古いガレージや作業所を思わせるクールな印象のデザインで、古材やアイアンを使ったインテリアが特徴的だそうです。

ガス管の脚+杉板の天板でベンチ作製

ダイングで使っているデザインがバラバラな椅子は使わず。
新たにベンチを作成。

  • 杉板を電動丸ノコでカットし、グラインダーで「浮造り」加工を施した。
  • サンダで面取りしたら、ステインを塗って使い古した感じに仕上げた。
  • ベンチの脚にはガス管を使用。
  • ガス管に黒いアイアン塗料を塗ってカッコよく。
    (アイアン塗料を塗る時は刷毛で多めに塗ったら、スポンジでポンポンとならしていた。)
  • ガス管と杉板をサドルバンドで固定。
  • 板と板のズレを防ぐために「波釘」も打った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【北海道・沖縄以外送料無料】ガス管ベンチ
価格:77500円(税込、送料別) (2017/3/30時点)

吊りボルトを柱にした棚作り

ダイニング側の壁を囲うようにコの字型の収納棚を作成。

  • 杉板にステインを塗った。
  • 棚の柱に吊りボルトを使用。
  • 吊りボルト、ナット、ワッシャーをアイアン塗料で黒く塗った。
  • 板にボルトを通す穴を開けボルトを通した。
    吊りボルト」とは、天井裏から蛍光灯や空調機などを吊り下げる部材。普段は人目につかない場所で活躍している。
  • 棚の水平を確かめるのに、iphoneのアプリを使用。コンパスの中に水平計があるそうです。

棚を固定するナットを回すのが大変そう。

タッキーのリビングテーブル作り

もともとあった小さなテーブルは使わず、タッキーが一から作製。

木箱を作ってトランク風な宝箱のようなテーブルを作った。

  • 厚さ15ミリの板材を組み合わせ、タッカーで固定。
  • 箱の表面にシール付きの茶色いレザーを貼った。
    布百選 貼るレザー中厚・幅広タイプ
  • ダークブラウンの皮の帯バンドを箱の縁に当て太鼓鋲で固定。
    太鼓鋲は亀甲柄を使用。打つ時は割りばしで挟んで打つとしやすいそうだ。
    タッキーは312個の太鼓鋲を打った!
  • 箱の角にも貼るレザーを貼り、角でケガをしないよう補強した。
  • 箱のフタが一気に閉まらないように、「スガツネのソフトダウンステー(NSDX型)」を使用。
  • 鞄の留め金や、大きな取っ手を付けて完成!

ヒロミさんの評価は、32点!いやいや立派な箱でしたよ。
ヒロミさん曰く、あと10cmづつ(縦と横)小さかったらもっと良かったそうです。

コンクリート打ちっぱなしみたいに見える壁紙

コの字型の収納を収める場所の壁左右に、コンクリート打ちっぱなし風な壁紙を貼った。
壁紙はルノン株式会社の「コンクリート調の壁紙」
貼る時は賃貸用のはがせるノリを塗って貼っていた。

木目調のカッティングシートを壁に

コの字型の収納を置く正面の壁は、木目調に仕上げた。

  • まず壁にマスキングテープを貼り、その上に接着剤を塗り、壁の広さと同じ板を貼った。
  • 板の上にはプライマーを塗ってカッティングシートを貼った。
    カッティングシートは濃い茶色の木目調。
  • 壁の上の方にはアイアン塗料で黒く塗ったモール材をタッカーで固定した。

チェストの引き出しを1段減らした

小窓のある壁際に置かれていたチェストは、
小窓を半分くらい隠す高さがあり、隣のTVとのバランスも合っていない。
ヒロミさんは3段あったチェストの一番上を無くしました。

  • 天板を外して枠などを切断。
  • 電動カンナで切断した断面をキレイに仕上げた。
  • 新たな枠も入れて補強し、外した天板を戻した。
  • 枠を黒のアイアンペイントで塗り、引き出し・側板・天板を木目調のカッティングシートで貼った。

小窓に木枠をはめ込みガラスにアクリル板をはめた

  • 小窓の棚板にシール付きの黒いカッティングシートを貼った。
  • 窓枠の内側にはまるサイズのコの字型の板枠を作成。
  • この枠を黒のアイアンペイントで塗り、窓枠に収めた。
  • 窓のガラス部分にはアクリル板を切ってはめた。
    アクリルカッターを使って切った。
    アクリル板は乳白色なのでカーテンがなくても外から見えない。

小窓のある壁一面にアンティークレンガを貼った

ヒロミさんの八王子リホームでよく登場する、
発泡スチロールのレンガ「SENDAI★BASEのアンティークレンガ」
マスキングテープと両面テープを使って壁に貼っていった。

世界に一つだけのTV台

足場材鉄の方立を使ってTV台を作成。
DVD置き場はサイズピッタリ!他のは入りません。。。

足場材を紙やすりで角をキレイにし、ニスを塗った。
TOOLBOXの「鉄の方立 H340サイズ」を仕切りに使った。

通路側のガラスに黒板シートを貼った

リビングダイニングの入り口には何故かガラスの壁がある。
その向こうにはトイレがあるので、ダイニングからガラス越しにトイレに入る人が見えてしまう。
それを見えなくするためにガラスに黒板シートを貼った。
見えないし、子どもたちは落書きができるし、一石二鳥!

塩ビパイプを使った棚

塩ビパイプを繋げて黒のアイアンペイントで塗装した。
パイプをサドルバンドで壁に固定。
パイプに板をサドルバンドで固定し棚を作った。

これで、ヒロミ&タッキーのリフォーム完成。
リフォーム時間、32時間だそうです!