ヒロミさん自宅リフォームで家具(タンス)を作る

9月4日のTV番組「有吉ゼミ」。
ヒロミさんの八王子リホームのコーナーは、
ヒロミさんの自宅リフォーム編。

今回は、壁作りと家具作り。

簡単なメモです。

気の遠くなる壁作りの作業

寝室、子ども部屋に軽量鉄骨を張り巡らせて、
そこに発泡ウレタンの断熱材を噴き付けました。

類似品。

鉄骨と鉄骨の隙間に、
ガラスウールなどの断熱材をはめ込む方法もあり、
そちらの方が簡単ですが、

その方法だと壁との間に隙間ができるので、
噴き付けの方を選んだそうです。

ウレタンが乾いたら鉄骨からはみ出しているウレタンをそぎ落とします。
この一連の作業に2日間かかったそうです!!

この後に壁紙などの下地になるベニヤ板を張っていました。

スポンサーリンク


床張り作業

これまではコンクリートの床に
そのまま床板(下地かな?)を張っていたので
波打ったりしてきたそうです。

今回のリフォームでは、
万協フロアー」を床に並べて、
その上に下地の板材を乗せ、
高さを調整しながら張っていきました。

「万協フロアー」は地震に強い固定床。
遮音性と剛性を両立してるそうです。

伊代ちゃんのために一週間タンス作製

整理整頓が苦手な伊代さんのために、
手作りのタンスを作りました。

作業を行ったのは、
山梨県富士吉田市の「渡辺建具店

一週間分の服を曜日ごとに分けて置けるタンス、
一週間タンス」です。
(インナーや普段着を入れるのかな?)

ビスケットという部材で、
板と板を接合していました。

殆どがDIYなので、
自宅リフォームの完成はまだ遠い感じですが、
完成したら感動でしょうね。