ヒロミさん自宅リフォームで浴室を作る

11月6日のTV番組「有吉ゼミ」。
ヒロミさんの八王子リホームのコーナーは、
自宅リフォームの浴室編。

寝室の隣りにある浴室。

以前は、浴槽・シャワー室・洗面所の設備がありましたが、
今回は、シャワー室と洗面所だけにして広くしました。
(浴槽は地下にもあるので。)

浴室の解体

壁と床を解体し、コンクリートむき出しの状態にして

そこに軽量鉄骨の枠組みを作り、

発泡ウレタン(断熱材)を噴き付けて、

その上に左官さんがモルタルを塗っていました。

そして、タイル張りです。

タイルは大理石で、
アドヴァンの「イタリア産 ボルゴーニャ
というタイルです。

タイルパッチを使ってしっかり固定させました。

床のタイルは滑り止め加工が施されたタイルを使いました。
浴室は、およそ300枚のタイルを貼ったそうです。

曇ったり透明になったりする「調光」ガラス

洗面台を選びに「ベルクハウス」へ出向きました。

注文住宅を東京で検討しているならBERK HOUSE(ベルクハウス)へ。特許を取得した「建築家コンペ方式」により想像以上のプレミアムな暮らしを実現致します。

そこで気になったのが「調光ガラス」です。

ガラスに電気を流すことで、
スイッチ一つでガラスを曇らせたり透明にさせたりができます。
ヒロミさんはシャワールームに「調光ガラス」を採用しました。

スポンサーリンク


洗面台にするキャビネットを手作り

洗面台はなんと、ヒロミさんが作ることに!
作業場は「ベルクハウス入間工場」。
そこで、洗面ボウルを置くキャビネットを一から作るというこだわりよう。
長さ2mほどもあるキャビネットが完成しました!

キャビネットは床から浮いたように見える設置をし、
キャビネットの下に間接照明を取り付けました。

洗面ボウルはヒロミさんと伊代さん用の2台設置です。

洗面台の蛇口

洗面台の蛇口は、
コーラー社の「Beitou」という、
滝のように水が流れ出てくる蛇口を採用しました。

Images, videos, instagram posts, instagram stories from KOHLER (日鉄物産マテックス/日本正規輸入代理店) on instagram. You can see KOHLER (日鉄物産マテックス/日本正規輸入代理店)'s instagram entire p...

この蛇口も高そう。

ヒロミさんがリフォームした洗面所は、
まるで高級ホテルの洗面所のよう!
(高級ホテルの洗面所を知りませんが…)

次回(時期は?)はリビングの壁に石を張る作業が放送されるようです。