ええ感じに冷やした水で氷の塔を作る実験。

2014年8月7日の「ヒルナンデス」。

パープル村上さんの夏休み大実験スペシャルで、

「アナと雪の女王」の氷の塔が!!

パープルさん(注1)の説明によると、

500mlのペットボトルに入れた
ええ感じに冷やした水」を用意します。

この水を凍らせてしまってはダメです。

番組では、マイナス5度で5時間冷やしたそうです。

一般的な冷凍庫はマイナス18度くらいなので、

「ペットボトルにタオルなどを巻いて冷やしてください」
と言ってました。

深めの器に氷を用意して、氷の上からこの冷やした水をゆっくり注ぎます。

そうすると、氷がぐんぐん伸びていって氷の塔ができちゃうんです!!

そう、「アナと雪の女王」の氷の塔のように!!

深めの器は透明タイプが雰囲気でますよ。
器に入れた氷の量は、大人の両方の手の平いっぱいくらいあったかな。
ペットボトルの水は、(番組ホームページによると)
 ペットボトル2/3くらいの量だそうです。

 注ぐときの注意点

  • ペットボトルの口が氷につかないように離します。
  • 水は最初は多めに、そして、後は少しづつかけると塔が高くなります。

 どうして氷の塔ができるの?
これは「過冷却」という現象を利用した実験だそうです。
凍らせてない冷やした水のことを「過冷却水」というそうで、
この過冷却水を氷に注ぐと氷にぶつかった衝撃で、
氷が出来ていくそうですよ。

注1:パープル村上さんとは、関ジャニの村上信五さんです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする